スポンサードリンク
balance6.gif

2008年12月25日

体に良い食べ方

→ 戻る
→ 健康サイトマップ >> 体の健康 >> 健康に良い食事
             >> 心の健康
             >> 若さと健康を守るライフスタイル



体に良い食べ方のメニューです




supper-thumbnail2.gif

1.朝昼晩の食事を抜かない


 ダイエットのつもりで朝食、昼食を抜かないようにしましょう。
  体が中性脂肪を蓄える体質になってしまいます。
   食欲がなくても、時間がなくても、
    バナナ一本位は食べましょう。


2.お酒は適量に


 お酒で注意する事は4っつです。
  ・適量はビール一本迄、または日本酒一合以内
   週に二日は休肝日

  ・飲む前に胃の粘膜をいたわるものを食べましょう。
   すきっ腹にがぶ飲みは胃腸の粘膜を荒らします。

  ・ビール一本、おにぎり一個分? 意外に多いお酒のカロリー

  ・痛風に注意、一度かかれば完治できません。お勧めは焼酎。
  
   詳細は→ 体をいたわるお酒の飲み方。

tekidonasake.gif


3.血糖値の急上昇を押さえる食べ方


規則正しい食生活 と
 血糖値が上がりにくい食品からゆっくり食べます。
  @最初に野菜
   A次にお肉や魚 
    B最後にご飯やパン 
     Cデザートなど甘いものは最後

  詳しくはこちら → 血糖値を安定させる。
              血糖値の異常    

    kettouchi.gif


4.良く噛んで ゆっくり食べましょう。


  

@一口入れたら20回噛みましょう。


    よく噛むことで早食いを防止します。
    満腹感もでますので食べ過ぎを防止します。

  

A食事時間は20分以上かけましょう。


    満腹感を感じる前に食べ終わると
     物足りなさを感じて食べ過ぎにつながります。

  

BTVを見ながら食べるのはやめましょう。


    満腹感を感じる意識が散漫してしまい
     物足りなさを感じて食べ過ぎにつながります。



5.夜食はやめましょう、夕食は8時までに


  一日に同じ量を食べるとしても
   朝食と昼食をしっかり
    夕食は軽めで就寝2時間前までに終了。
     夜食はやめましょう。
  その方が太りにくい体質になります。
   遅い夕食や夜食は
    肥満、血糖値、中性脂肪が悪化し
   脂肪肝
   を招く可能性があります。

    参考 → 脂肪肝と診断されたら


posted by 花翠 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136568857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

よろしければご一票お願いします。

人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。