スポンサードリンク
balance6.gif

2011年09月16日

老化の原因は 食べ過ぎ? 適度なダイエットは若さを保つ

→ 戻る

>> 自然に若さと健康を保ち、明るく生きる為のサイトマップ    

 >> 体の健康全体サイトマップ

   >> 体の健康個別サイトマップ

 >> 心の健康 

   >> 心の健康個別サイトマップ

 >> 生活習慣(ライフスタイル)で若さと健康




最近の動物実験で 


カロリーを制限した食餌を与えたサルは

   歳をとっても若々しく


食べたいだけ食べたサルでは

  老化が進む事が確認されています。



20090728-1.jpg




原因は研究中ですが、カロリーの摂り過ぎ と 運動等カロリー消費の不足は

 細胞が元気で無くなる様ですね。

 
そうはいっても
 日本人は欧米人に比べれば小食なのですが


supper-thumbnail2.gif



  日本人の遺伝子は シベリアで氷河期の飢餓を生き抜いた経験から

   小食で生き抜き、カロリーを貯め込む傾向が強い様です。

ですから 日本人の遺伝子で欧米人並みの飽食&運動不足

  → 老化、免疫力の低下

    シミ、そばかす、肌荒れ 抜け毛、白髪  
 
    肩こり 腰痛 糖尿病、動脈硬化、ガン等の 成人病
 
    認知症 
 
     がはやまる様です。


aging01.gif

 




続きを読む
posted by 花翠 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹八分目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

サーチュイン遺伝子は肌,血管,臓器を若く保つ

→ 戻る
>> 自然に若さと健康を保ち、明るく生きる為のサイトマップ    
 >> 体の健康全体サイトマップ
   >> 体の健康個別サイトマップ
 >> 心の健康 
   >> 心の健康個別サイトマップ
 >> 生活習慣(ライフスタイル)で若さと健康




本命発見!! 美容と健康の決定版!!

>> 赤ワイン ポリフェノール レスベラトロール が
    肌,血管,臓器を若く保つちます。


最近 老化を遅らせ寿命をのばす遺伝子
 
  サーチュイン遺伝子というものが見つかったそうです。

研究によればこの遺伝子が元気に働いている人は

歳をとっても

 動脈硬化 糖尿病や心筋梗塞などの生活習慣病や

  アルツハイマーなどの認知症、 になりにくく

 お肌にもシワやシミができにくいのだそうです。 



サーチュイン遺伝子は

 活性酸素に対する抗酸化作用、免疫細胞の暴走の抑制など


 100近くの老化要因を抑え、

   肌、
     血管、
       
      脳
 など様々な器官が若く保たれのだそうです。


ところがこの遺伝子が働いている 人とそうでない人がいるそうです。

 動物実験や人間の追跡調査の結果 現在分かっているのは

  次の3っつです。

続きを読む
posted by 花翠 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹八分目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

腹八分目の食事はダイエット以外 の 意外な効果


腹八分目 特に 中年以降



若くなくなっても
 元気いっぱい お腹がすいて
  幾らでも食べて飲んで という人は
   いると思います。

ところが
 食事を 腹八分目 にしておく事は
  ダイエット以外にも意外な効果があります。

1.生活習慣病 予防

2.寿命を伸ばします。

3.認知正、アルツハイマーを防ぎませ。

食べ過ぎると発生する
 ある意外な 有害物質とは?

  活性酸素の発生原因


活性酸素は体にどんな悪さをする?
健康な細胞を攻撃します。
1.細胞力のダメージ
2.免疫力のダメージ
3.血管や血液へのダメージ

 老化を早め、
  生活習慣病を助長させ、
   不治の病を引き起こします。
posted by 花翠 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹八分目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よろしければご一票お願いします。

人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。